メインイメージ

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ SS 255MH

こちらの炎月 一つテンヤ マダイ SS 255MHはSS 240MHより

やや長めで、重くなりますが、その分パワーもありファイトがしやすい

また、多少のウネリや荒れに対しても動じることなくしっかりと

釣りをすることができます。やや長いモデルが欲しいと思う方に

オススメできるロッドです。この炎月SSシリーズの穂先は

ソフチューブラーというしなやかな構造で、目感度もよく使い心地のよいロッドです。

 

SSシリーズの中では長い部類のロッドになり、張りや強さは同じですが、この長さの分、

やわらかい感じがしますが、パワーと粘りは健在です。5~8号までのテンヤをしっかり

扱うことができます。長さもあるので、船縁を気にすることなく釣りができるのも良い点です。

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ SS 255MH 詳細スペック

初心者にも買いやすい価格です、釣りに不慣れな初心者や女性に特にオススメできます。

また、ファイトを楽にしたい中級者の方にも安心して使っていけるロッドだと思います。

ロッドの長さ 長さ:2.55メートル ロッドの自重 自重:120g
ロッドの継数 継数:2ピース 適合重り 適合ウエイト:5~10号
ガイドの数 ガイド数:12個 Kガイド(SiCリング)

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ SS 255MHの価格はこちらでチェック!!

楽天市場で価格を見る Amazonで価格を見る Yahooで価格を見る

 

ちょっと気になるところ

その柔らかさの分、10号などの重めのテンヤには少し厳しい。この穂先を100%利用するので

あれば、5~8号付近の軽めのテンヤで、水深30~50m程度の浅場を攻めるのが一番調子が

良いと思います。

 

Copyright© 2012 一つテンヤロッドの選び方