メインイメージ

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ SS 240MH

こちらの炎月 一つテンヤマダイ SS 240MHは炎月シリーズ特有の

軽さと扱いやすさが特徴的なロッドです。なおかつ、2.4mという

絶妙な長さが初心者にこそオススメしたい専用ロッドです。

やや短い気もしますが初心者にはオススメの長さだといえます。

穂先はソフチューブラーというしなやかな構造をしていて、かなり

やわらかい。手元にくるアタリも多いが、穂先にでるアタリは目感度重視でバツグンです。

 

この穂先を100%利用するのであれば、5~8号付近の軽めのテンヤで、水深30~50m程度の

浅場を攻めるのが一番調子が良いと思います。

初心者にはオススメこそしませんが3号くらいのテンヤも扱えなくはない。

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ SS 240MH 詳細スペック

初心者にも買いやすい価格ですし、全体的なロッドのもつスペックを考えると初心者こそ

このクラスのロッドを触ってほしいと思います。メインロッドとしてオールラウンドに

扱えると思いますので最初の1本にどうぞ!!

 

ロッドの長さ 長さ:2.4メートル ロッドの自重 自重:115g
ロッドの継数 継数:2ピース 適合重り 適合ウエイト:5~10号
ガイドの数 ガイド数:12個 Kガイド(SiCリング)

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ SS 240MHの価格はこちらでチェック!!

楽天市場で価格を見る Amazonで価格を見る Yahooで価格を見る

 

ちょっと気になるところ

ただ、10号くらいのテンヤを使用するとなるとやや穂先がやわらかすぎて、使用しにくい感じが

あるそうです。それは目感度具合がやや落ちる程度で使えないわけではないので

すが、せっかくの特性を活かすには軽めのテンヤの方が良いという程度です。

 

Copyright© 2012 一つテンヤロッドの選び方