メインイメージ

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ SP 250MH-T

こちらの炎月 一つテンヤマダイ SP 250MH-Tはシリーズ中で最も

パワーあるモデルで、唯一のチューブラー仕様となっています。

見た目から穂先の太さが気にかかるような感じになりますが、実際は

それほどでもないです。穂先が太いとやはり風の影響が気になりますが、

張りがあるのでまったくもって心配はありません。

 

開発時の時点でかなりパワーを乗せて開発されているようで、10号の重めのテンヤで

水深70メートルラインも余裕でシャクることができます。使った方の感想から言えば、

さらに潮の流れが速くなったとしても、快適に釣りができそうだという意見もありました。

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ SP 250MH-T 詳細スペック

深場、重めメインに扱うのであれば、こちらのロッドはオススメです。流れの早いポイントでも

十分扱うことができるロッドだと思います。この辺りは好みで選んで大丈夫だと思いますが、

浅場で手返し良く釣りをするのであれば、他のロッドになると思います。

深場にいく方と、深場用の2本目として購入される方にオススメしたいロッドだと思います。

 

ロッドの長さ 長さ:2.5メートル ロッドの自重 自重:126g
ロッドの継数 継数:2ピース 適合重り 適合ウエイト:3~12号
ガイドの数 ガイド数:11個 Kガイド(SiCリング)

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ SP 250MH-Tの価格はこちらでチェック!!

楽天市場で価格を見る Amazonで価格を見る Yahooで価格を見る

 

ちょっと気になるところ

深場メイン、重めメインを重視して設計されているロッドですので、このロッドを1本目として

購入することはちょっとオススメしにくいですね。最初に買うロッドはSP 250M-Sの方が

オススメだと個人的には思います。

 

Copyright© 2012 一つテンヤロッドの選び方