メインイメージ

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ SP 250M-S

こちらの炎月 一つテンヤマダイ SP 250M-Sはシリーズ中ではちょうど

中間クラスのロッドで、浅場から深場まで幅広く対応できるロッドです。

別のページで紹介した250ML-Sよりもさらに張りがあり、曲がった穂先の

戻りが早い。そのせいあってか、軽快感はより強まったような印象が

あるロッドです。

もちろん、パワーや粘りもより強くなっていますので、テンヤに関してもさらにワンランク重い

ものを使用することもできますし、大鯛をかけても安心。まさにオールラウンドロッドで、

メインタックルになれる性能があります。これだけ全体のバランスがよく、テンヤサイズ

2~10号と幅広く使えるロッドはそうそうないと思います。

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ SP 250M-S 詳細スペック

少し値段は張りますが、初心者が最初に買うロッドとしては申し分なしです。どのロッドが

良いのか迷っているのであれば、こちらを買ってもいいと思います。これほどオールラウンドに

使える良いロッドは他になく、個人的に最初の1本としては超オススメできるロッドですね!

ロッドの長さ 長さ:2.5メートル ロッドの自重 自重:125g
ロッドの継数 継数:2ピース 適合重り 適合ウエイト:2~10号
ガイドの数 ガイド数:12個 Kガイド(SiCリング)

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ SP 250M-Sの価格はこちらでチェック!!

楽天市場で価格を見る Amazonで価格を見る Yahooで価格を見る

 

ちょっと気になるところ

ただ1つ文句をつけるとすれば、幅広く色々な釣りができるがために、固有の特徴というものが

ないとも言えるのかもしれません。無難なスペシャリストである反面、必殺技となる特徴が

ないロッドとも言えるのだと思います。

 

Copyright© 2012 一つテンヤロッドの選び方