メインイメージ

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ 270M-S

こちらの炎月 一つテンヤ マダイ 270M-Sは炎月シリーズ中でも、最も

長い部類に属するロッドでその長さを持ちながらもかなり軽量です。

ロッドに長さがあるので、フッキングの懐が深い。落とし込みを主軸に

する方には向いているロッドです。さらに長さを重視するのであれば、

ウネリがあったり、シケ気味の状況下でもシャクリが大きく取れる分

扱いやすいというメリットもあります。また、ロッドの長さがあるのでマダイとのやり取りも

非常に楽になります。少々の大きさのターゲットならラクラク上げることができます。

 

3~10号サイズのテンヤが適合とされていますが、どうも6号までのあたりが、一番使い勝手が

良さそうな感じだと言われています。(※使えないわけではありません!)

落とし込みしながら穂先を見て目感度で釣る、そんな使い方が面白いと思います。

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ 270M-S 詳細スペック

長めのロッドを使ってみたい方にはオススメの1本だと思います。浅場で使えない

わけではないが、どちらかというと中間層~深場のロッドだというイメージがあります。

ロッドの長さがありますので、ファイト中もタメが聞きますし、大型船に乗ったとしても長さが

しっかりフォローしてくれます。長さの割りに軽いのも良いですね。

値ごろ感も良いのでメインの1本としてもオススメできます。

ロッドの長さ 長さ:2.7メートル ロッドの自重 自重:122g
ロッドの継数 継数:2ピース 適合重り 適合ウエイト:3~10号
ガイドの数 ガイド数:12個 AGS(エアガイドシステム)

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ 270M-Sの価格はこちらでチェック!!

楽天市場で価格を見る Amazonで価格を見る Yahooで価格を見る

 

ちょっと気になるところ

逆に長さがあり、ロッド全体がやわらかいというのもあり、重めのテンヤはやや不向き

印象があります。実際に少しアレだな・・・という意見があります。軽めのテンヤで落とし込みで

攻めたり、深場やウネリのある状況下で役に立つロッドです。

Copyright© 2012 一つテンヤロッドの選び方