メインイメージ

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ 255M-S

こちらの炎月 一つテンヤマダイ 255M-Sは炎月シリーズ特有の

軽さと扱いやすさが特徴的なロッドです。なおかつ、2.55mという

平均的な長さが扱いやすさをさらに良くしているロッドだと思います。

初心者にもオススメできる一つテンヤ専用ロッドです。

手元にくるアタリも多いが、穂先にでるアタリはやはり大きくて、

目感度重視のロッドの動きがかなり面白い。

 

軽量のテンヤを浅場で使いこなすために作られたロッドで、落としこみ時のアタリも取りやすく、

5~8号付近の軽めのテンヤで、水深30~50m程度の浅場を攻めるのが良いと思います。

3号くらいのテンヤも扱えるのですが、やや軽すぎるので、初心者にはあまりオススメしない。

長さも2.55と平均的な長さを持っているのでファイト中に船縁を気にすることもなく使いやすい。

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ 255M-S 詳細スペック

価格は割りと初心者にも買いやすい価格で、全体的なロッドのもつスペックを考えると

初心者に使って欲しいロッドだと思います。メインロッドとしてオールラウンドに

十分扱えるので最初の1本に超オススメです!!

 

ロッドの長さ 長さ:2.55メートル ロッドの自重 自重:115g
ロッドの継数 継数:2ピース 適合重り 適合ウエイト:3~10号
ガイドの数 ガイド数:12個 KT+KLガイド(SiCリング)

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ 255M-S の価格はこちらでチェック!!

楽天市場で価格を見る Amazonで価格を見る Yahooで価格を見る

 

ちょっと気になるところ

ただ、10号くらいのテンヤを使用するとなるとやや穂先がやわらかすぎて、使用しにくい感じが

あるそうです。すこし目感度がやや落ちる程度で使えないわけではないので

すが、せっかくの特性を活かすには軽めのテンヤで浅場での使用が良いという程度です。

 

Copyright© 2012 一つテンヤロッドの選び方