メインイメージ

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ 240M-S

こちらの炎月一つテンヤ マダイ 240M-Sは2.4メートルと

やや短い点もあってか、かなり軽量になった感じのするロッドです。

これはぜひ手にとって体感すると良いと思います。軽量テンヤを

柔らかめの穂先で目感度でアタリを拾っていく、そんな感じのする

超軽量ロッドです。

 

穂先がやわらかいせいもあって、弱いロッドと思われがちですし、実際に持ってみても

そう感じるのですが、胴元の粘りとパワーはあります。3kg程度のターゲットであれば

ラクラク上がってくるほどです。適合オモリが3~10号の間となっていますが、

特に3~6号程度の重さが一番しっくりくるロッドだと思います。

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ 240M-S 詳細スペック

比較的浅場の穏やかなポイントで扱うのに適したロッドで、扱いやすさの点から考えても

初心者~上級者まで十分オススメできるロッドだと思います。価格面もスペックから考えると

かなりお手ごろな値段だと思いますし、この軽量感と目感度はお値段以上だと思います。

全体的なバランスもいいですし、最初の1本にもオススメですね。

ロッドの長さ 長さ:2.4メートル ロッドの自重 自重:114g
ロッドの継数 継数:2ピース 適合重り 適合ウエイト:3~10号
ガイドの数 ガイド数:12個 KT+KLガイド(SiCリング)

 

シマノ 炎月 一つテンヤ マダイ 240M-Sの価格はこちらでチェック!!

楽天市場で価格を見る Amazonで価格を見る Yahooで価格を見る

 

ちょっと気になるところ

ただ、ロッドの短さが船釣りがメインとなる一つテンヤではやや気にかかる点もあります。

船縁に注意をおいてファイトをしないと船底に潜られると戦いにくい可能性もありますし、

真正面から潮を受けるシーンでも初心者には扱いにくいこともあるかと思います。

あと、10号のテンヤでは柔らかめのロッドなので、少し荷が重いような感じもするそうです。

 

Copyright© 2012 一つテンヤロッドの選び方