メインイメージ

がまかつ ひとつテンヤ真鯛 MH-250

こちらのひとつテンヤ真鯛 MH-250は速潮・深場対応できるロッド

として発売されており、同シリーズのM-250にパワーを持たせたモデル

となっております。シリーズ特有の軽量さももちろん併せ持っています。

速潮・深場対応とされていますが、実質的にはオールラウンドに使える

ロッドになっているので、初心者さんにもオススメしやすいロッドです。

 

実際に使ってみると分かるのですが、目感度・手感度ともに感度が非常に高くアタリが心地よく

伝わってきます。落とし込み時に穂先に出るアタリもしっかりと目視できるのもGoodです。

 

がまかつ ひとつテンヤ真鯛 MH-250 詳細スペック

徹底された軽量化を目指すことで他メーカーと圧倒的な差を出すまでになったこのシリーズは

初心者~上級者まで心地よく扱える仕上がりとなっています。オールラウンドに使えるので

メインロッドとして活躍する可能性もかなり高くなっていますね。

ロッドの長さ 長さ:2.5メートル ロッドの自重 自重:93g
ロッドの継数 継数:2ピース 適合重り 適合ウエイト:3~12号
ガイドの数 ガイド数:11個 LDB、Kガイド(SiCリング)

 

がまかつ ひとつテンヤ真鯛 M-250の価格はこちらでチェック!!

楽天市場で価格を見る Amazonで価格を見る Yahooで価格を見る

 

ちょっと気になるところ

ロッドが軽いということはすごく良いことなのですが、実際に扱ってみると、ロッドが軽い

せいで、テンヤが重く感じるという意見がチラホラあるみたいです。このことからおそらく

リールも相応に軽いモデル出ないとタックルバランスが悪くなりそうな気がします。

Copyright© 2012 一つテンヤロッドの選び方