メインイメージ

ダイワ キャタリナ 710MS-BJ

こちらのキャタリナ 710MS-BJは安価ながらもバランスの良い

ロッドです。このバランスの良さのせいか、ロッドの重さをさほど

感じさせないようになっているほどです。一般的なゆっくりリーリング

する一つテンヤの釣りにちょうど良い設計のロッドだと思います。

 

3~10号のテンヤを扱えるとなっていて、その設計どおり、10号のテンヤでも楽に扱うことが

できるロッドです。ただ、大きくシャクると胴元から曲がるので、やや反応が遅れる感じが

しますが、アタリは取れますし、フッキングにも持ち込め、それほどのデメリットでもないはずと

言われています。底付近を叩くような釣りに向いているといわれており、底を叩く程度ならば、

穂先が曲がりきらないし、すっきりと釣りをすることができます。

 

ダイワ キャタリナ 710MS-BJ 詳細スペック

十二分にオールラウンドに使えるロッドなので、初心者にもオススメできる安定感のあるロッド

です。とりあえず一つテンヤを始めてみたいという方に気軽に買える良いロッドだと思います。

 

ロッドの長さ 長さ:2.39メートル ロッドの自重 自重:130g
ロッドの継数 継数:2ピース 適合重り 適合ウエイト:3~10号
ガイドの数 ガイド数:11個 Kガイド(SiCリング)

 

リーディング テンヤゲーム AGS MH-240の価格はこちらでチェック!!

楽天市場で価格を見る Amazonで価格を見る Yahooで価格を見る

 

ちょっと気になるところ

落として巻くだけのような釣りや底を中心にする釣りには向いているものの、やはりシャクる

ことが多いような釣りには向いていないのかもしれません。慣れの問題かもしれませんが・・・。

 

Copyright© 2012 一つテンヤロッドの選び方