メインイメージ

一つテンヤロッドの選び方

一つテンヤロッドの選び方について、イマイチピンと来ていない方は、基本的にオールラウンドの

スタンダードモデルを選ぶことが間違いがないと思います。そのスタンダードモデルの中で、自

分の購入できる価格帯で一番良いものを選ぶのが一番打倒だったりすると思います。ただ、入門

ロッドとして購入するのであれば、2万円程度のものでも十分です。

オールラウンドの一つテンヤロッド

 
 

軽さ重視でロッドを選ぶ

一日中釣りをすることを考えるとやはり軽いロッドを扱っていることは有利です。単に重いから

疲れるといった話だけではなく、繊細なアタリを拾うことができるのです。ただ、一般的に軽い

ロッドはパワーがやや足りないものが多くなります。軽いロッドで、なおかつパワーがあるロッド

となるとハイエンドモデルのものとなり、お値段が跳ね上がってきますので、ご注意ください。

軽量の一つテンヤロッド

 
 

パワー重視でロッドを選ぶ

ロッドにパワーがあると真鯛とのやり取りが非常に楽になります。もちろんメリットはそれだけ

ではなく、海が荒れたとき、潮が早いとき、ポイントが深いとき、多少重いテンヤであっても

持ち重りすることなく、釣りをすることができます。自分が良く行くポイントがどんなポイント

なのかを考えて選ぶと良いと思います。

パワー重視の一つテンヤロッド

 
 

落とし込み重視でロッドを選ぶ

このロッドも入門者や初心者が購入するロッドではないと思います。ある程度一つテンヤを

分かった上で、落とし込みの際のテンヤの違和感を拾っていく、そういった少し特殊な狙い方を

する釣りを好む方にオススメです。メインロッドというよりは、2本目3本目のロッドに最適

ですね。一つテンヤに慣れてくるとそれも普通のことなのですが、最初はそんなことよりも、

スタンダードなロッド1本でまずは真鯛を釣ることに集中した方が良いですよ。

落とし込みで使える一つテンヤロッド

 
 

ハイスペックなエキスパートモデルを選ぶ

この項目のロッドを探している方は、当サイトの意見なんてなくて良い方だと思います、笑。

自分の好みの設計のロッド、ひいきのメーカーのロッドを選べば、たぶん、どのロッドを買った

としても1日使えば使いこなせると思います。入門者や初心者が購入しても、もちろん心地よく

使えるロッドではありますが、かなり値段が高いものもありますので、最初のロッドでなくとも

良いと思います。

ハイスペック一つテンヤロッド

 
 

Copyright© 2012 一つテンヤロッドの選び方