メインイメージ

ジャッカル 青帝 TENYA MADAI STMS-230ML-TT

こちらの青帝 TENYA MADAI STMS-230ML-TTはショートロッドで

かなり取り回しが良いロッドです。高感度でしなやかなチューブラーの

穂先を持っていて、マダイの食い込みを難なく拾うことができます。

チューブラーの穂先は振れが少ないので、シャクった後の戻りが早く、

軽快感がありスムーズな釣りをすることができます。

チューブラーロッドは基本、目感度というよりは、手感度重視という感じになります。

また、ガイドの数も減らしてあり、糸がらみの心配も少ないと思います。

 

テンヤをシャクるような釣りが面白く、ロッドの軽さで釣りをするイメージです。ロッド全体に

張りがあるからアワセがしやすく、パワーは少ないが粘りある感覚でファイトを楽しみながら

ジリジリと魚を浮かせて釣り上げます。テンヤ適合号数が8号までとなっていますが、

10号でも使えそうという意見もある浅場~深場まで幅広く使えるロッドだと思います。

もちろん、重めのテンヤで急潮のポイントをガツンと攻めることもできます。

 

ジャッカル 青帝 TENYA MADAI STMS-230ML-TT 詳細スペック

竿の長さがやや短いが、オールマイティーなロッドなので初心者にも扱えます。幅広い重さの

テンヤも扱えますし、手感度重視の釣りをする方にもオススメです。

ロッドの長さ 長さ:2.3メートル ロッドの自重 自重:136g
ロッドの継数 継数:2ピース 適合重り 適合ウエイト:~8号
ガイドの数 ガイド数:10個 Kガイド(SiCリング)

 

ジャッカル 青帝 TENYA MADAI STMS-230ML-TTの価格はこちらでチェック!!

楽天市場で価格を見る Amazonで価格を見る Yahooで価格を見る

 

ちょっと気になるところ

オールラウンドなロッドとはいえ、やはり短いのが気になるところです。

正面からの潮であったり、ファイト中に船下に潜られそうになった時は特に注意をする必要が

ありますね。

Copyright© 2012 一つテンヤロッドの選び方